組合としての事業成果 
 

(1)訪問理容講習会の開催
 

@講習会を予定通り4回実施し、当初の予定者数680名を大きく上回る816名の参加  受講があり前向きな姿勢が見られた。

A受講者にアンケートを実施したところ、「訪問理容実施のきっかけになった:   77%」「経営の向上につながる:81%」等の回答があり、一定の成果が見られた

 

(2)「訪問理容」プレート看板、のぼり、チラシの作成

 

@プレート看板1360枚、のぼり(ポール付)1360枚、チラシ15万枚は予定通り作成および配付しPR活動に努めた。
 
 
 (3) 訪問理容実施状況(アンケート集計表、実施調査結果)


@訪問理容実施者にアンケートを実施したところ、290名が1回以上の訪問理容を経験しており、5回以上も15名いた。

A「訪問理容が経営の向上につながっている」とした回答者は43%に留まっており、理由として料金設定の難しさが多くの回答者から挙がった。一方で、今後の継続意向が58%の回答者から示された。

B講習会受講後の訪問理容実施件数は12月から2月までで95名に達し、のぼりやプレート看板による成果も見られた。加えて、各支部等へのヒアリングでものぼりやプレート看板による効果が指摘された。

C訪問理容利用者へのアンケートも少数であるが実施しており、今後の組合活動の参考とする。

D訪問理容の実施が各種新聞にも取り上げられており、組合の活動をPRすることができた。